2005年09月08日

ニュースの天才

ニュースの天才

★★★☆☆

製作:トム・クルーズ
監督:ビリー・レイ
原案:バズ・ビッシンジャー
出演:ヘイデン・クリステンセン / ピーター・サースガード / クロエ・セヴィニー / スティーブ・ザーン / ハンク・アザリア

現実に存在した事件を映画化。
人付き合いが非常に上手な男が暴走。自分の罪を認めながらも、それでも何とか逃れようとして同僚、上司に取り乱して助けを求める。人間誰しも不利な立場に置かれたら、他人に助けを求めてしまうのだろうけど。この男は卑怯という言葉で表すのがもっとも的確な表現かなあ。

原稿チェックの際に、証拠となる物がライターの書いたメモ等しか無いということがある事は新聞で読んでいるような記事も、もしかしたら捏造かも、なんて可能性もあるのか。
しかし、この記者が法律学校を卒業したってのは…うーんどうなんだろう、もし弁護士にでもなってるのであれば仕事ないんじゃ?

ヘイデン・クリステンセンがいやらしい演技をしていて好感度UP↑
1人目の編集者(マイケル)の時に捏造が発見されたらどんな事になっていただろうか。

そういえば、トム・クルーズが製作してるみたい。←少しだけ触れてみた。
posted by 木門 at 00:59| Comment(0) | TrackBack(0) | タイトル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。